目次へ サッカー酔いどれ観戦記
さあ、サッカーを語りましょう!

青森山田高
(青森県代表)

3−2

大社高
(島根県代表)
2015年12月31日(木)、第94回全国高校選手権ニッパツ三ツ沢球技場にて観戦。
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

ふと気づいたのだが、俺の目の前で‥‥
一、黄色いシャツが勝ったことはない。
二、島根県チームも勝ったことがない。
しかし、ジンクスはぶち破るためにある! 幸運にも今年の島根代表はメインが赤の大社だ。 前回も同じ三ツ沢で‥‥だが)健闘を祈ろう!

どっちも4-5-1と噛み合うシステム。こりゃ接戦かな。それにしても混んでる。

大社のキックオフ、中盤での競り合い。落ち着いた序盤だ。

大社10番のドリブル、中央突破。ちょっと無理があったかな。でも、10b亜sんの無理から‥‥。4分、大社の攻撃。

青森山田にスローインだが、コーナーキックかと見まごうような大社の守備陣形。ロングスローか。10分。大社も承知の上だったようだ。しかし!

右、ショートパスを繋いで‥‥2番が倒れる。大社にフリーキックのチャンス。9分。11番のキックは、クリア。

13分、大社9番が左サイドで倒れて‥‥スローインか、フリーキックか。

今度はまたいで二人目が蹴る。セットプレーのパターンも多そうだ。しかし青森山田の速攻が!

ここまで攻撃の勢いは大社。18分。青森山田のライン裏へちおサイドチェンジのロングパスに気を付けたい。

最終ラインで回す青森山田、大社ゴールキーパーから「ロングボール」の大声。さすが、分かってるね。21分。

青森山田の攻撃のスイッチが入った瞬間! 23分、前線のプレッシングから10番のミドル。これは強引すぎた、クロスバーの上。

大社ゴールキーパーへも追い込みをかける。一瞬空いた中盤へのフィード、一転してチャンス。ゴールキーパー君、やるねえ。視野が広くてキックも飛距離があり正確だ。

大社、左からの速攻を防いだけど、そっち側の深い位置でスローインになると、アイツがヤってくる! 31分。

しかしそんな心配をよそに‥‥超ロングスローの脅威をはねのけ、逆襲、右からのクロスに8番のヘッド、これが再び足下へ!

8番クワガキが落ち着いて決めて先制!

これで青森山田の攻撃が激しくなるか。右10番へのパスに寄せる青森山田、7番が倒されて中断。焦りが見える青森山田。

そこにつけ込んで、追加点! 10番が粘り6番へ、スルーパスから‥‥

またしても8番クワガキ!

いいペースで島根代表が試合を進めている。が、しかし!

分かってはいたが、やられてしまう。左からのロングスロー、中央で競り合い落として‥‥

10番が低い弾道のミドル!

ふかさずにダイレクトで決められる、そんな時代になったか。 これが反撃の狼煙に!

インジュリータイム1分の表示。左サイドから持ち込んで‥‥クリアしてハーフタイム。

後半。青森山田のキックオフ。前へ出てくる。10番のミドルはキーパー正面。

押し返す大社、スローインから、左8番かな、シュートはポスト右。

青森山田9番が26番を倒してフリーキック、6番と11番がポイントに立つ。色々と手口がありそうだ。

青森山田に交代、19番から11番タナカ。ロングスロワーは19番じゃなかった? 6分。あ、5番か6番だね。左サイドだと出てくる。

強引に押し込んでくる青森山田、ちょっと焦っているようだが。大社はしっかり守って欲しい。14分。

ロングスロアーは‥‥書体のせいで背番号がSに見えるぞ。それはともかく、追いつかれた。
同点弾は16分、右サイドから突破して、

7番のミドル!

ゴールキーパーの手を弾いて、決まった!

落ち着いた青森山田。浮き球を繋いでシュート。

大社は10番が無理をするとチャンスが生まれる。

青森山田の攻勢、ドリブル突破からフリーキック、ゴールキーパーが防いで左コーナーキック、ファールとなり、大社のボール。切り替えよう。

中央、10番が潰れて右そして中へ、シュートは弱くゴールキーパー正面。 そう、10番が無理すれば‥‥キープしてマークが集まればフリーの味方が増えるし、チャンスになるんだ。26分。

青森山田は9番から16番ヨシダへの交代。更に17番を下げて18番ナリタ。

36分には8番から13番。どんどん来るね。80分での勝利を追求する交代だ。そして!

青森山田、7番タカハシの逆転ゴール!

ロングスロー(またしても! 結局はこれか!)をゴール前へ、 競り合って落とした右に詰めていた7番が押し込む。 39分だ。

青森山田のロングスロー、いや超ロングスローにやられた。
大社は7番のドリブルがいいな、と思って見ていたが、ゴールは8番、チャンスの起点は10番の粘りからだったな。

青森山田が逆転勝ち。
久々の代表となった大社は、立正大淞南とはまた異なる、剛の中に柔のあるウルグアイのようなチームだった。 10番が無理をするとチャンス‥‥中盤でキープして相手が集まるから、なのだが、活きる場面は数度。
青森山田はロングスロー‥‥超ロングスローで競り勝った。前半に1点だけでも取ったのが大きかった。 追いついてからはほぼ青森山田のペースだった。さて、青森山田は、どこまで? そして 遂に

このページの最初へ サッカー川柳 観戦記目次 日本代表選手一覧