目次へ サッカー酔いどれ観戦記
さあ、サッカーを語りましょう!

川崎フロンターレ

3−0

松江シティFC
2015年9月5日(土)、天皇杯第2回戦、 等々力競技場にて観戦。
サッカーのチケットは!

久々の等々力、そしてフロンターレの試合。心の故郷である松江のチームが地元に来たとあっては、こちらも駆けつけざるを得まい。
J1と地域リーグの試合。これが天皇杯の面白いところ。実力差はあって当然、松江シティは堂々と挑んで欲しい。 フロンターレ、お手柔らかに(笑)。
等々力競技場‥‥大改装したってのは知ってたが、これほどとは。デモをしたい。「何かトドロキ雰囲気いいよね!!」ってな。

選手紹介、13番オオクボの次に拍手が大きかったのは、松江シティの9番だ。もしや元・川崎F所属なのかな?
円陣ダッシュの松江シティのキックオフだ。

右サイドへ大きく‥‥力みすぎだぞ、ゴールキックへ。そして様子をみつつボールを回す川崎、2分。

右サイド、ロングパスに抜け出した13番オオクボ(生で見るのは総体決勝以来かな?)クロス、これはカット。3分。

更に5分、左サイドでのパス交換から裏の13番オオクボに、今度はオフサイドだった。

アーリークロスを、ファーサイドのライン裏に送ろうとする川崎フロンターレ、注意しないとやられるぞ。10分。

ハーフウェイラインを越えた辺りからのフリーキック、ファーを狙うが‥‥12分、松江シティの攻撃。のびのびとやっている。

川崎フロンターレ11番コバヤシが右から突破を試み、何とか防いで拍手、16分、これは同じサイドへのスルーパスだった。

そして左サイド、スピードに乗った攻撃。松江シティはコーナーキックに逃げる。18分、 ゴールキーパー21番フナガワがキャッチ、忙しい。

意表を突くミドルで川崎フロンターレが先制。23分。またファーサイド、裏へ出すと思わせて、かな。

16番オオシマのミドル炸裂!

ワントラップして右足を一閃した。

松江は運動量が落ちてきたかなあ。
しかしフロンターレのファールからフリーキックのチャンス。23番のキックは‥‥ゴールキーパーが処理。

フロンターレはファールが多い。J1基準でぶつかると悪気はなくても倒してしまうのか。30分。

33分、川崎、幻のゴール、オフサイドだったが、松江にとっては、たまたまかかっただけだ。

川崎は一度縦に入れて戻し松江の守備の注意を集め、更に深く通す、これをサイドでワンタッチで行うから、攻撃の起点になっている。

18番エウシーニョのボレーで追加点!

セットプレーからだった。フリーキックをゴール前へ、 11番かな、競ってボレー、ゴールキーパーが弾いて、詰めていた18番エウシーニョがたたき込む。36分。

松江は、前半は無失点、せめて一失点で終えたかっただろうに。
で、ゴールで気づいたが、川崎はいつしか18番エウシーニョと13番オオクボが左右のポジションを入れ替えていた。セットプレーとはいえ、それでマークがずれたのかな。

右サイドを強引に切り込んで‥‥クロスはゴール前を横切る。41分、松江のチャンスだった。

緩急の変化にやられた前半。さて、ハーフタイム。

実力の差は言わずもがな。
ただ、川崎の方が様子を見つつの序盤、当たりの強いJ1の川崎にファールが多かったのも皮肉。
時間の経過と共に緩急の変化を見せてきた川崎、縦のパス、ワンタッチで戻して相手の隙を作り、更に深いパス。これでサイドをえぐられた。前半を終えて2−0、松江シティFCは無失点で終えたかったところだった。
序盤はやや守備的ながら、互角に戦っていたが、失点を重ねて動きが落ちていった。

後半。フロンターレのキックオフ、19番モリヤから27番ナカノ、リードしている方が先に交代か。

攻める松江シティのオフサイド。ここでやっと27番ヤマウチを下げ10番シブヤマ。4分。

左サイドを切り裂く! 中を見て冷静にサイドチェンジのパス、クロスからヘッド! クロスバーの上。惜しかった。7分、松江シティの攻勢だった。

しかし直後の9分‥‥遠くて見えにくかったが‥‥。 フロンターレ、右サイドから中へ通し、シュート、ゴールキーパーが弾くが詰めていたのは‥‥

13番オオクボ!

こういう所は決めてくれるねえ。

松江シティ10番の苦し紛れのミドル、ここでフロンターレ、15番フナヤマが11番コバヤシに代わる。

17分、押されっぱなしの松江シティだが、23番サネノブから20番スナガワ、起爆剤となるか。いや、ディフェンダー登録だ。

左からのアーリークロス、ダイビングヘッド、9番だな。 松江シティは少ないチャンスを活かしたいところだが。

折角のコーナーキックも、 曲げすぎて直接ゴールラインを越えてしまう。20分。 昔、木村カズシさんがよくやってたな(笑)。

ふと気が付くと、14番ケンゴが中盤の底にいる。前は若いのに任せて後ろから睨みを利かせるようだ。28分。13番オオクボも右中盤まで下がっていたよ。

入場者4505人。 え、そんだけ? 弾丸バスツアー、中止にするから(笑)。
松江江6番が強引に中央を突破‥‥実らず。30分。

松江シティFCに交代。11番カスカワに代えて16番ヤマサキ。フォワード同士の交代だ。32分。

スルーパスで裏に出て、ゴールキーパーも外して決めた‥‥いや、オフサイド。 惜しかった。33分。

川崎、35番タサカに代えて10番マイアが入る。38分。
川崎は交代も含めて、ポジションチェンジなど、色々なテストを始めたようだ。

川崎の猛攻を必死に止める。44分。そして左サイド、裏へ大きく‥‥松江シティFC、諦めない。

インジュリータイムの表示はなく、大体3分くらいだったか、松江シティの挑戦は終わった。

時間を追うごとにレベルの差がはっきりしていった試合でした。
序盤はやはり様子をうかがい気味だった川崎F、縦に出しては引っ込めを繰り返して、ミドルシュートで先制。前半は無失点で折り返して焦りを誘いたかった松江だったが、更に追加点を奪われる。
J1の当りに不慣れなためか、フリーキックは多く取るが、これも活かせず。後半に3点差となると、川崎は選手交代やポジションを代えるなど、テストに切り替えたかにも見えた。ちょっと屈辱。
しかし、最後まで諦めず走り抜いた‥‥感傷ではなく、幻のゴールだって試合終盤だった! そんな松江イレブンに、五千人弱の観客も拍手で応えた。
ところで、私が観戦に行った試合、島根代表勝ったことがないのではないかな?

このページの最初へ サッカー川柳 観戦記目次 日本代表選手一覧