目次へ サッカー酔いどれ観戦記
さあ、サッカーを語りましょう!

日本

2−0

メキシコ
2013年8月24日(土)、メキシコシティ五輪三位決定戦、NHK BSにて観戦。
ブロードバンドプロバイダ料金比較

ずっと見たかった。当時、生中継がなかったのも、今からすると驚き。隔世の感、というやつだな。
これに匹敵する試合は、いわゆる「メキシコの青い空」だなあ。そっちはビデオを買う前で、国立で観戦したから仕方ないし、 後日、ドキュメンタリーながら放映された。
更に、東京五輪の記念試合というのもあったし、 メキシコとの因縁(笑)ならロンドン五輪にコンフェデレーションズカップに、これなど。いいライバル関係を続けて欲しいなあ。
さて、見る前にルールもおさらいしておこう。 ゴールキーパーへのバックパスは、手で持っても可、だったり‥‥オフサイドも解釈が多少は違ってるのかな?

国立競技場 | JAPAN SPORT COUNCIL

実況(?)が山本さんか。
日本は4−3−3のスイーパーシステム。メキシコはスリーバックでいいのかな。

メキシコのキックオフ。
ショートのワンタッチパスが小気味いいメキシコ。2番のロングスロー、クリア。右サイドへ、マツモトのクロスにカマモト、初シュート。まだ1分。

映像が途切れて、メキシコのFKだ。ふう。3分。

更に左コーナーキック。こぼれて、アーリークロス、ふう。お、左スギヤマさんへ‥‥映像が途切れて、ゴールキックか。 メキシコのスローインのフォームが面白いね。体をねじる様にして投げる。ファールスローすれすれだな。

中盤のプレス! この時代でも意外に仕掛けてるね。ただマンツーマン気味に追っていて、組織でのプレッシングではない。

9分、メキシコはロングボール。焦ってきたか、日本のマークが厳しいからか。そして、意外にパスミスからのスローインが多い。

11分、日本は右ペナルティエリア角のフリーキック! ホンダでもシュンスケでもエンドウでも、カズシさんでもなく‥‥蹴るのは‥‥。 あれ‥‥ニュースで中断か。

ここまでメキシコのいいリズムで展開しているが、ここからどう勝利につながるのか‥‥。さあ、放映再開。

フリーキックは、ミヤモトが流してカマモトの左足! 壁!

ゴールキックを受けてリゲロのサンチェスが無人の野を行く‥‥。日本は引くのが早い。

初のオフサイドから、日本は左サイドではなく右サイドを使って打開しようとしている。 さすがに左スギヤマさんのパターンは読まれてきていたのかな。

カマモト先制!

いや、日本の先制なんだが(笑)。中央のカマモトさんのキープから左へ、えぐらずに持ち替えてアーリークロス、 二列目まで下がりタイミングを合わせてゴール前へ上がったカマモトさんを、一瞬フリーにしてしまった。17分。

これでメキシコが逆襲の牙を‥‥いや、日本に落ち着きが出てきた。

身長差はあまりなさそう。百八十センチ台は殆どいないのだろうか。
メキシコも、今でも大柄な選手は多くはないが、センターフォワードとセンターバックくらいはでかいぞ。 そして日本のセンターバック、ヤマグチとオギかな、この試合の中では大きい方か、そこへロングボールを放り込んでも打開はできない。

29分、メキシコ6番かな、左サイドで受けたがスローインに。またか。

スッポンヤマグチさんと18番のマッチアップも見応えがある。

34分、ショートだったが左コーナーキックを杉山さん。プレスキッカーがある程度決まるのはもっと後の時代なんだな。

え、前半35分で二人同時交代? メキシコ、なんて先進的な‥‥。そうか、第四審判もいないんだ。交代用紙を主審に渡す。

日本、二点目!

38分。スギヤマさんの個人技そして速さ。縦に行く、いや中へ、丁寧な平行のパスをどかん!

いよいよ後のなくなったメキシコが攻め込む。日本は足が止まって見えるが‥‥。
でもカウンター、スローインから‥‥ショートパスを小気味よく繋ぐ日本サッカーの萌芽。41分。

2番の苦し紛れのミドル。シュートのパワーなどはそれほどでもないか、ボールが重い時代だったか。44分。

日本の速攻が冴える。12番ミヤモト、ゴール前へキーパーと一対一! こんなビッグチャンスがあったのか。 でも、決まらず‥‥。ハーフタイムへ。

10分、メキシコ18番のミドル、マークも甘くなってきたかな。

フリーキックからヘッドでゴール前へ落として‥‥詰めが‥‥。

カマモトさんを残して、スギヤマさんまでも引いて守っている。でもシュートまで持っていくカマモトさんも凄い。12分。

コーナーキックも、双方に多い。攻め合っている証拠でもあるんだが、この時代、3本に1点とも言われてたはず。決まらないもんだ。16分。

メキシコの猛攻。今度はカマモトさんも戻ってのクリア。
猛攻だけど、パワープレーではないな。メキシコのセンターバックが日本ゴール前に来る場面はあるのだろうか。

24分。時計の進みが遅い。

地を這うようなミドル、オギさんかな、タッチライン方向へクリア。落ち着いたインサイドのカットだった。

30分、日本のフリーキックのチャンス。右へ、クロスは‥‥あ、日本のファールか。

あと10分。 <br> メキシコはパワープレーは仕掛けない。ほぼ地上戦だから、集中して守れば‥‥おっ! 右から持ち込んでカマモト! 惜しくもファーポストの右へ。こういうチャンスもあったんだな。

19番がゴール前でフリーに! 珍しく、縦パスをワンタッチで繋いでマークがずれた。

38分。座布団が舞って中断。
日本4番も手伝って片付ける。日本のゴールキックで再開。

左サイドでスギヤマさんのキープ、カマモトさんのプッシングにイエロー。

座布団の中断で日本も少し休めたようだ。43分、ゆっくりとボールをセットするヨコヤマさん。 スギヤマさんカマモトさんがゴール前まで追う。
12番が大きくタッチラインへ蹴るが、観客席からボールが戻らない。

インジュリータイムはなかった‥‥日本、銅メダルだ!

「さあスギヤマからカマモト、ヘディングだ、いや左足」‥‥の実況と、断片的にしか知らなかった試合の全貌。
他にもあった名場面。ゴールシーンやチャンスにピンチ、その前後の流れが分って、よかった。
メンバーや関係者にも物故者が少なくない今、長沼さん、宮本さん、森さん‥‥見せてあげたかったなあ。

そう言えば、いわゆる「レジェンド」の方々の全盛期のプレーを、ちゃんと見る機会はこれまでほとんどなかったなあ。 モリさんのリンクマンぶりなんかも、もっとちゃんと見たい。もう一度見直すか。多分、今夜は寝るまでに二度は見返すぞ(笑)。

このページの最初へ サッカー川柳 観戦記目次 日本代表選手一覧