目次へ サッカー勝手に観戦記
さあ、サッカーを語りましょう!

各務原高校
(岐阜県代表)

3−2

尽誠学園高校
(香川県代表)
2004年12月31日(金)、高校選手権一回戦、等々力競技場にて観戦。

「かかみがはら」読みます。(余談ですが、第一試合の「広島観音」は、 「かんのん」ではなく「かんおん」と読むそうです。)岐阜から高山線で20分ほど。世間では新潟中越地震が大きな注目を集めていますが、 その直前の台風の被害に関しては、ちょっと無関心すぎやしませんか。高山線はまだ途中の区間が不通なのでしょうか‥‥。
一方の尽誠学園は、香川県代表。今年(平成十六年)の台風のほぼ全てが四国を通過。 やはり忘れ去られてませんか?
いろんなことを‥‥サッカー以外に、考えさせられる試合、でも、いいゲームを期待します。

CKからの追撃のヘッド!
見辛いけど(笑)尽誠のゴール。
終盤の攻防。
タッチライン際キープする各務原。

第1試合の中断のため、試合開始が少し遅れる。その間に、大勢で雪かきだ。ピッチに降りて手伝いたい気分。
そして‥‥尽誠学園のキックオフ。 この第2戦は最初から雪だ。戦術の混乱はどちらにもないだろう。

各務原13番が右サイドからシュート、単純なプレー。これでいいね。
各務原、右CKを尽誠学園がクリア。タッチに‥‥切れない。縦パスは長すぎ‥‥ずに、これも止まる。雪はやわらかく積もっているようだ。2分。各務原が押す序盤。

各務原6番の右CKはミスキック‥‥力なくニアのゴールラインを割る。通常なら考えられないだろう。立ち足が滑ったかな。9分。

尽誠学園も速攻。11番がGKと一対一になるが、阻まれる。サイドの深い位置はあまり踏まれていないせいかボールが止まる。各務原はそれをよく利用している。

尽誠のFKは、右手を上げて大声で合図を送ったようだが、GK正面。ポイントの雪を掻き分けての慎重なプレスキックだが‥‥。

各務原先制!

13分、左からのグラウンダーのパス、中央で受けた11番がマーカーを左手でブロックしながら撃った。

各務原の猛攻。足元にボールが収まらない中、とにかくシュートを撃つという姿勢が見て取れる。18分。

23分、尽誠学園の逆襲。各務原3番のクリアのボールも止まる。 尽誠学園10番が倒れながらもキープし繋げるが、早く立ち上がることも大事だ。

尽誠学園のFKをGKがファンブル、追う11番だが‥‥クリア。

各務原はリードを広げるゴール!

26分。右に偏っていた感があったが、9番が左から切り込んで、11番がボレーを決めた。 それも、ふわりとGKの頭上を越す技ありのキックだった。これで2−0だ。

尽誠学園9番追撃のゴール!

27分、DFのヘッドがかぶり、GKの前に走りこんで押し込んだ。 少し落ち着いたかな。各務原はここで一息ついて‥‥尽誠学園も慌てる必要は‥‥あるんだよな(笑)。 でも1点差だし、まだ時間はある。ただ、尽誠学園のエンドでゲームは進む‥‥。

各務原3番が尽誠学園10番ともつれる。クロスをGKが取って‥‥え、PKだ!? 尽誠学園11番が慎重に足場を作って‥‥左に外す。36分。

ピンチの後に押し込む各務原。右、左とCKも続く。押し込んで‥‥ハーフタイム。

後半。前半と同じような展開と予想した通り、2分までは各務原が攻め込む。尽誠学園4番がタッチに出そうとして蹴ったボールが止まる。 それを狙う各務原、慣れているようだ。

各務原はとどめの3点め!

9番がGKの足元に落ちるボール‥‥ミスキックにも見えたが、これをファンブル、詰めていた13番がすかさずトーキックで押し込んだ。
電光掲示板を見ると‥‥倒れたGKの手先のボールをつついたのかな。6分。

尽誠学園の攻め、9番かな。左から中へ持ち込んでシュート。各務原GKががっちりとキャッチする。7分。

各務原の、雪中の戦い方に一日の長が見て取れる。相手のミスを先に読み、味方へのパスはトーキックかチップキック。そして必ずシュートで終わる。

各務原6番口を切ったか鼻血か。治療のため外へ。その隙に右サイドから攻め込む尽誠学園。CKだ。気が気じゃないだろう6番、入った。17分。

尽誠学園11番のヘッド!

再び得た左CKのキッカーは2番かな、中央11番にぴたりとあった。18分。やはり6番の治療でマークがずれたか。

でも優勢なのは各務原だ。6番が粘ってCKを取る。 逆に流れて‥‥尽誠学園10番が走る。右サイドへ、その10番のファール。22分。

25分、尽誠学園は11番、8番に代えて3番19番を入れる。この積雪、この交代の意図は? パワープレーかな。

左右のコーナーでキープしているのかな‥‥まだ15分もある。
尽誠学園のDFもタッチラインに逃れようと、大きく蹴り出すようになった。 各務原はFKそして右CKだ。32分。ちゃんとゴール前に蹴ってきた。 さっきのキープは偶然かな(笑)。34分。やっと尽誠学園も攻め込むが、各務原もクリア。
密集の中で混戦になると、滑るしわけが分からなくなる。レフェリーも大変だね。

尽誠学園、右2番のFKをゴール前へ、もつれてゴールマウスががら空きに‥‥しかしシュートは枠をそれる。やはり、パスが足元過ぎる。38分。

39分、尽誠学園の猛攻。偶然、止まらないグラウンダーのパスだが‥‥実らず。各務原も攻める。あと2分。スローインから各務原9番がキープ、倒れる12番。

雪の中に倒れ伏す尽誠13番、この雪の中、本当に痛いんだろうなあ(笑)。 でも各務原のFKだ。ほぼCKと同様の位置と角度。 それを、あくまでキープして時間を稼ぐ。これを何とか奪って尽誠の速攻。

逆襲から各務原のシュートは力なくラインを割って‥‥タイムアップ。 雪中の戦い方を知っているかどうかが、明暗を分けたように思えた。

各務原のほぼ圧勝。第一試合と異なり、初めから積雪でのキックオフ。 雪の中での戦い方に、各務ヶ原が一日の長があると思えました。

ゴール前や中盤は踏み散らしているから雪は薄く、サイドの深い場所、 コーナー付近は積もっているので、そこにふわりとしたパスを出せば、ボールは止まります。一方、尽誠のDFは、タッチラインに逃げる時にもちょこんと蹴って、 止まったボールを取られるなど、雪に不慣れだったようです。
いい気象状態だったら、どんなゲームになったかな、 と想像すると‥‥両チームに、ちょっ気の毒な気もしました。
第一試合を制した広島観音と、 各務原との対決は明後日。晴れるといいな‥‥。

このページの最初へ 観戦記目次 日本代表選手一覧 ゆにこん一覧