目次へ サッカー酔いどれ観戦記
さあ、サッカーを語りましょう!

YS横浜

0−0

Jリーグ・U22選抜
2015年4月29日(水)、J3リーグ第8節、 ニッパツ三ツ沢球技場にて観戦。
Microsoft Complete for Surface Pro

十ヶ月ほど前に見たカード。
状況は変わった。リオデジャネイロ五輪の予選が始まったからだ。単に公式戦の経験を積む場から、チーム力のアップを図らなければならなくなった。年齢制限のあるチームとはいえ、J3で下位にいちゃあいかんよ。
あ、トイレの個室が洋式になった! さすがニッパツ!

J選抜のキックオフ。すかさずYS横浜が奪ってショートカウンターからスルーパス。これはオフサイド。 お、何かが違う?

奪ったら縦に速く、を実践しようとするYS横浜。代表を意識している? 初シュートのYS横浜、3分。

左サイド、14番のドリブル、中へ切り込んで、右、中とワンツー、 J選抜の初シュート。

そして右コーナーキックからJ選抜がゴールに迫るが‥‥。 6分。

U22選抜14番がいいね。左ウィングの位置からドリブルで中に切り込むなど、基点になっている。三人位に囲まれても慌てずに抜き去っていく。

17分。YS横浜は攻撃のスイッチ。こういう全体の意志疎通や、ワンタッチパスの連携など、U22選抜には少々難しいところか。

YS横浜に交代、8番ヤマザキに代わり24番ヤマモト。左コーナーキックを取ったところで交代。24分。

どっちも狙いがはっきりしたサッカーをしているが、シュートが少ないなあ。

10番モチヅキに代えて5番ミヤモト。中盤の底に入った。

U22選抜11番ヤナギシタが強引ながらミドル。こういうのが欲しい。34分。

YS横浜は最大のチャンス。ともにコントロールしきれなかった浮き球をゴール前へ、11番かな、爪先に当てたボールはクロスバー。39分。

YS横浜、右コーナーキック、中のぶつかり合いからファーに零れて、中へ。10番のシュートは逸れてしまった。 両軍とも決め手を欠き、ハーフタイムへ。

後半。YS横浜のキックオフ。前半序盤のやり方は影を潜めた。あれが90分続けば面白かったのだが。

YS横浜は裏へ、ではなくサイドに展開することを意識しだした。手前24番がドリブルで打開を試みるが、U22選抜14番に比べると、少々見劣りが‥‥。

ファーになった逆サイドから中に切り込むU22選抜14番の姿、ラストパス、シュートはクロスバーの上。11分。

YS横浜に交代、18番ウメナイに代わり20番ササキ。13分。早めに手を打って来たね。

U22選抜も交代、7番ヒラオカと9番イワモトを、13番と11番ヤギシタに同時に代える。

J229番、名刺代わりの一発! ミドルはクロスバーの上。21分。こういうのが欲しいんだよ。

YS横浜7番にイエロー、J22はフリーキックのチャンスだが、ここで14番ワダに代えて4番ウルキ。え! 14番を下げちゃうのかい。 気を取り直してJ22のフリーキック 、8番のキック、3番のヘッドはクロスバーの上。

キックオフ直後から、奪って縦に速く! A代表のような狙いのYS横浜。一方のJ選抜は、全体の意志の疎通や局面の細かいパスワークなど、流石に合わないことが多い。
このサッカーで下位に低迷とは、j3もレベルが上がった‥‥と思ったが、どちらも狙うサッカーは分かるが、シュートが少なかった。ロングシュートやミドルシュートがもっと欲しい。そんな風に感じた前半。

29分。左サイドからクロス、クロスバーを叩き、コーナーキックへ。(以下、メモ判読不能)

J選抜に攻撃の形が出来つつある。一人で緩急の変化を付けていた14番が下がって、みんなでやらなくちゃならなくなった。 意図した采配か、怪我の功名か。31分。

観客数1162人。メインスタンドのみだから、こんなもんか。

左サイドの速攻、右から8番‥‥ワンタッチプレーがいいね。 35分。

J選抜、右スローインから中へ、12番のシュートはクロスバーを越える。もうJ1ではこういうのは、あまり見ないぞ。41分。

43分の交代、YS横浜は17番から11番。インジュリータイムは4分。流れが変えられるのか。

倒れたYS横浜2番かな、カットしたボールが当たってJ選抜のチャンスに。 辛うじて防いだが、失点してたら戦犯(本来の意味ではないが)だった。
ここでタイムアップ。

このページの最初へ サッカー川柳 観戦記目次 日本代表選手一覧