The Match of the Day

さあ、サッカーを語りましょう!

ジュビロ磐田 4−0 JEF市原

1998年7月19日(日)、Jリーグカップ決勝
国立競技場にて観戦

久しぶりに見る国内マッチ。5月30日にグループリーグを見て以来だ。さすが決勝になると盛り上がりが違うなあ。
でも大会パンフがない。前回同様‥‥。せめて簡単なメンバー表でも作って欲しい。これで自由席1500円は高い!!
さて、 キックオフ10分前にメンバー発表。名波の時の声援が一番大きかった。ちなみに今日はジュビロ応援団側で見てました。
さあキックオフ。JEF市原がまずは細かく早く繋いで右サイドへ‥‥。ジュビロは4番がスイーパーとして残る4DFかな。 JEFはスコルテンがやや引いてパスの起点になり、マスロバルが右、武田が左よりのトップに配給する。
しかし総合力で、 名波・藤田・奥を擁するジュビロの中盤が上だろう。
7分、高原と中西がハーフウェイライン付近で衝突‥‥両サポーターからブーイングが沸騰する。
JEFはトップのマスロバルとスコルテンの距離がありすぎ、効果的なパスが通らない。ジュビロもそうは攻めてはいない。
9分。JEFがいいリズムで攻めている。効果的な攻め、チャンスが2度。ジュビロにはまだない。
名波不在だった時、 5月30日は藤田が右サイドを大きく前後に動き回ってチャンスを作り、ピンチの芽を摘み、大活躍だった。今回は左に名波がいて、中盤が厚くなるか、 選択肢が増えて戸惑うか‥‥
12分、JEFのチャンスが続く。右FKをジュビロは辛うじてクリア。その時、 何故かナイジェリア代表のシャツを着た少年団が目の前を通る。変なの。
そして25分、ジュビロのエンジンに火が付いたような猛攻。 名波が左から切り込んでシュート、GK下川が弾いてCKに。前半最大のチャンス!
‥‥膠着状態。このままかなあ。
44分、江尻のミドルシュートはバーを叩く。突っ込んだ中西がオフサイド‥‥そしてハーフタイム。

後半。 ジュビロがうってかわって攻勢に出る。JEFはDFラインでボールを回し、早いジュビロのリズムを乱そうとする。この辺りの駆け引きも面白い。
お、ジュビロにFKのチャンス‥‥藤田かな、シュートはGK下川のパンチング。そして高原のシュート‥‥4分だった。
6分、ジュビロは川口、中央から右にドリブル突破、ここというコースに決めた。ジュビロ先制!
リズムに乗るジュビロは、7分、右サイドから高原がGKまで躱して‥‥カットされる。が、FKのチャンスは‥‥名波のキックは下川の手中に‥‥
JEFも決して慌てない。落ち着いて組み立てている。10分過ぎ頃から攻めるJEF‥‥必死の防戦はジュビロ‥‥遠くてよく見えない。
そして14分過ぎから攻めのリズムを取り戻したジュビロ。右前線に交互に飛び出すMF陣の多様さ、多彩さが好不調の現れだ。 左サイドからのスルーパスなどは何故か常にオフサイドになる。
18分、ジュビロはCKから繋いで‥‥高原かな、ドリブル突破にサポートなし。
おお‥‥28分! 奥のシュート! 中央を細かいステップのドリブルから下川を破るゴール! 見事、ジュビロ、 リードを広げる。
残り10分、攻めるJEF‥‥守ってカウンターを見せるジュビロ。当然の展開だが‥‥
2点のリードを取り返せるほどジュビロのDFは甘くない。
更に‥‥右サイドからのセンタリングのクリアを拾った名波が中央へ、 川口のゴール!これで決定的! と思いきや、
42分、ジュビロ高原の駄目押しのゴール。 巧みに切り込んでGKを抜き去る。下川の安易な飛び出しも再三目立ったが‥‥

やや消極的な前半は、どうなることかとも思ったが、 後半になって素早い突破から得点を次々に重ねるジュビロ‥‥勢いで勝ち上がったJEFと実力差が大きかったようだ。
見事な展開、実力でジュビロ磐田、リーグカップ初制覇!!

観戦記目次へ このページの最初へ
全ての観戦記目次へ サッカー関連リンク集へ