公開1998年5月27日・更新2017年8月22日


Honya Club.com

動物は獰猛にも狡猾にもなれるが、嘘をつくのはほんとうの人間だけだ。
モロー博士の島 H.G.ウェルズ、中村 融 訳 創元SF文庫 ISBN4-488-60707-1

しかし我我の力と云うのは、破壊する力ではありません。造り変える力なのです。
神神の微笑〜「奉教人の死」収録 芥川龍之介 新潮文庫 ISBN9784101025049

人が出来ないことをしたら、人の営みの中から、はじき飛ばされるのだ。
「明治・妖モダン」 畠中 恵 朝日文庫 ISBN:9784022648389

「将来的なサッカーの流れは誰にも分からない。予測は困難だが、指導者はゼロからスタートすること」
日本サッカ-遺産 山本昌邦 ベスト新書 ISBN:9784584122358

何故皆そんな物に安易に頼るのかね。話をするのは結局人間同士だ、機械じゃない。
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」蝶は十一月に消えた 太田紫織 角川文庫 ISBN:9784041012277

戦い慣れた兵隊ほど戦闘時には口をつぐんでいるとのことだった。
死んでも負けない 古処誠二 双葉文庫 ISBN:978457551

いったい、真面目であること、常識的であることは時代にそぐわない古臭い生き 方なのか。そんなことはないはずだ。
凛とした日本人-何を考え,何をすべきか - 金美齢 PHP文庫 ISBN9784569763774

崇りを「迷信」と笑殺することはできない。崇りは、「やましい気持ち」の裏返しだからである。 人々が崇りに怯え、実際に崇られたと感じ、これを信じ込んだのは、崇られる側が、何かしらのやましい感情をもっているからにほかならない。
ヤマト建国の真相を解き明かす「出雲抹殺」の謎 関裕二 PHP文庫 ISBN:9784569667683

内に向かうばかりがオタクじゃない。世界中、どこにでもつながっている無限の海に、 果敢に漕ぎ出していく‥‥否定ではなく肯定のため、批評ではなくただ純粋に楽しむため。
「無菌病棟より愛をこめて」 加納朋子 文春文庫 ISBN:9784167901905

どんなにまっとうな怒りでも、矛先を誤ったら、その時点で正当性を失ってしまうんだよ。
ホーンテッド・キャンパス雨のち雪月夜 櫛木理宇 角川ホラー文庫 ISBN978-4-04-101394-6

人間は、みな異なる個性を有するが故に、誰しもが何らかの意味で少数派である。
憲法の創造力 木村草太 NHK出版新書 ISBN:9784140884058

でも不正が我慢できないなんて、スポーツマンっぽくていいじゃないすか。
ドリームダスト・モンスターズ 櫛木理宇 文春文庫 ISBN9784344421943

必要最低限の暮らしができれば、日々幸せで楽しい‥‥日本人はそんな民族だったのである。
日本は外国人にどう見られていたか 「ニッポン再発見」倶楽部 三笠書房 ISBN:9784837982944

人の子たちは、わずか五十年の人生さえも争わずして生きて行けぬのだ。
まねきねこ、おろろん〜大江戸もののけ横町顛末記 高橋由太 幻冬舎文庫 ISBN9784344421202

一見、乱暴なようだが、綺麗ごとだけでは友好関係は維持できまい。一時的には、摩擦も増大するし、関係も悪化するだろうが、長い眼で見れば、両国のためになる。
どの面下げての韓国 豊田有恒 祥伝社新書 ISBN9784396113650

復讐というのは、すべて自己満足ですよ。それ以上でもそれ以下でもありません。
煙とサクランボ 松尾由美 光文社文庫 ISBN9784334767266

日本人は、自分たちが世界から高い評価を受けていることをほとんど知らない。そのことは、私を含めて外国人が常に不思議に思うことである。
日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか 黄文雄 徳間文庫 ISBN9784198938307

私は思うのだが、旅の醍醐味の最たるものは、今自分がその場所にいるという実感ではないだろうか。
だいたい四国八十八ヶ所 宮田珠己 集英社文庫 ISBN978-4-08-715153-5 C0195

日本は、武士の社会だから、泣いたら、おしまいである。嬉し泣きは例外だが、顔で笑って心で泣くのが、日本人の理想だろう。
どの面下げての韓国 豊田有恒 祥伝社新書 ISBN9784396113650

傷つけあうことになると最初から分かっているなら、たがいに近づかないほうがいい。
太陽おばば 雀野日名子 双葉文庫 ISBN9784575516371

つまり、ずーっと他民族に支配されてきた国には、国民性が育たないのかもしれない。ああこれが、この国の人の誇りなんだな、という感じがないのだ。
夫婦で行くイスラムの国々 清水義範 集英社文庫 ISBN978- 4-08-746467-2

時として、求めるものは向こうからやって来るものだ。
意外に日本人だけ知らない日本史 デュラン・れい子 講談社α新書 ISBN9784062725903

でも、運命的に知らなきゃいけない情報というのは、偶然を装ってむこうから近づいてくるものなのかもしれない。
夫婦で行くイスラムの国々 清水義範 集英社文庫 ISBN978- 4-08-746467-2

過去は二度と戻らぬものだが、捨てたものを拾うことはできるはずである。
おにぎり、ころりん 高橋由太 角川文庫 ISBN 978-4-04-100873-7

何度も言う。君は現代の日本に生きている。温かいご飯と味噌汁は人間を幸福にするものだ。
聖女の肉. 和田はつ子 角川ホラー文庫 ISBN:9784043407149

真剣に自分の仕事をしている時の人の顔は美しい。
お早く御乗車ねがいます 阿川弘之 中公文庫 ISBN978-4-12-205537-7

日常になっていれば、他人に指摘されるまで気づかない。そんなのは、他にもある。
現代百物語 岩井志麻子 角川ホラー文庫 ISBN978-4-04-359606-5

いかなる環境にも適応できるメンタリティがなければ、本来のパフォーマンスを発揮できない。理不尽な世の中で生き抜くためのタフなメンタリティ。 一般社会にも通じるトルシエの熱く激しい指導スタイルこそ、日本サッカー界にもたらした遺産である。
日本サッカ-遺産 山本昌邦 ベスト新書 ISBN:9784584122358

四季のない町は、日本の町ではない
「男のリズム」改訂版 池波正太郎 角川文庫 ISBN404132324X

サイエンスに基づいた技術は、簡単にコピーできる。ところが、匠の技は簡単にはコピーできない。訓練が必要である。
「世界でいちばん小さな歯車を作った会社」 松浦元男 中経文庫 ISBN978-4-8061-3641-5

別に他国を見習えということではない。日本には日本のやり方がある。
「何かのために sengoku38の告白」 一色正春 朝日新聞出版 ISBN:9784023309203

何も殺さずに食べられるから。牛を殺さなくても、ミルクは搾れる。鶏を殺さなくても、卵は採れるの。
秋期限定栗きんとん事件(上) 米澤穂信 創元推理文庫 ISBN:9784488451059

サッカーの悔しさはピッチ上で晴らす。不平不満を重ねて或功した者はいない。
日本サッカ-遺産 山本昌邦 ベスト新書 ISBN:9784584122358

教育に冒されてない人を見るのは気持ちのいいものだ。
声に出して笑える日本語 立川談四楼 光文社知恵の森文庫 ISBN:9784334785277

子供に対しては兵隊さんは優しいのです。鬼のなんとかと言われている人でも子供の前では鬼にはなれませんでした。
日本人はとても素敵だった 楊素秋 桜の花出版 ISBN4-7952-7689-7

日本の自然はヨーロッパや中東に比べて、とてもやさしい。やさしい自然からは、やさしく思いやりのある神様が生まれるのかもしれない。
一度も植民地になったことがない日本 レイコ・デュラン 講談社+α新書 ISBN:9784062724487

歌というものは、まず聞いてみて好きか嫌いか、それでいい。理屈をつける必要などまったくない。
バーボン・ストリート・ブルース 高田渡 ちくま文庫 ISBN978-4-480-42430-3

身のまわり五メートルの治安に安心ができなくなったとき、我々はまた、武器を取るだろう。
犬はどこだ 米澤穂信 創元推理文庫 ISBN:9784488451042

人助けできないようじゃ学問を身につける意味がないですよ。
タイムスリップ森鴎外 鯨統一郎 講談社文庫 ISBN:9784061822368

今はまだ、逃げる時でも去る時でもない。
ガラスの麒麟 加納朋子 講談社文庫 ISBN4062648865

本の楽しみとは、ここではないどこかへ飛んでいける冒険につきる。旅行の楽しみと読書の楽しみは近いものがある。僕は本で冒険をし、知らない世界に旅をした。
やどかりとペットボトル 池上永一 文春文庫 ISBN978-4-04-364703-3

そうそう、知ってる? 野菜たちって、おいしいって食べてやると喜ぶんだよ。
夜の神話 たつみや章 講談社文庫 ISBN978-4-06-275651-8

柏もちも、作るところから見ていると、うまさがちがうのだ。
ねぼけ人生新装版 水木しげる ちくま文庫 ISBN4-16-767996-5

人間の一番弱いときに付けこむような職業は、どっか怪しいところがあるよ。
裁判長!ここは懲役4年でどうすか 北尾トロ 文春文庫 ISBN4-16-767996-5

そういうものから学べたとするのなら、それが必要なものになってしまう。そういう戦争が‥‥
オシムの言葉 木村元彦 集英社 ISBN4-7976-7108-4 C0075

ちかごろの日本は、何事にも、
「白」
でなければ
「黒」
である。
その中間の色合いが、まったく消えてしまった。
その色合いこそ。
「融通」
というものである。
「男のリズム」改版 池波正太郎 角川文庫 ISBN404132324X

本当に不思議なことは、日常のすぐ隣で起きる‥‥そう思わないかい?
商店街の夜〜「沙羅は和子の名を呼ぶ」収録 加納朋子 集英社文庫 ISBN4-08-747488-7 C0109

死者は還らない。だが、復讐の鬼となり、あえてこれを死にいたらしめたものの心は永久に癒えないであろう。
パール判事の日本無罪論 田中正明 小学館文庫 ISBN4-09-402506-5

そこに山があるから、登る。そこに危険があるから、飛び込む。そこに不可能なことがあるから、挑戦する。そんなのは別に英雄でも何でもない。
掌の中の小鳥 加納朋子 創元推理文庫 ISBN4-488-42603-4

歌にとっていちばん幸せなのは、その人が発せざるをえない何かをその歌に託して、それが口から出てきたときではないか。
人生を肯定するもの、それが音楽 小室等 岩波新書 ISBN-4-00-430888-7

才能豊かな者ほど、のしあがろうとしてあがいた。あがいて‥‥やがて現実を目の当たりにする。この世は不条理なのだ、と。
夢禍(『アジアン怪綺』収録) 立原透耶 光文社 ISBN-4-334-73612-2

ある特殊の人物を描く場合は格別、その他の人物はみな正しい言葉を用ゆベきである。一種のスラングは特殊の人物に限ることにして、 他の人物は正しい言葉を用いるのが、小説や戯曲の法である。
江戸のことば 岡本綺堂 河出書房新社 ISBN-4-309-40698-X

歴史の旅は、これが楽しい。目の前には、それらしい姿はなにもない。だが、見る者に知識があり、充分な想像力があるならば、 おのずと見えてくるものがある。
小説家の休日 阿刀田高 集英社文庫 ISBN4-08-747431-3 C0195

ああ、そういえば、いつも思ってたんですよ‥‥闇の中に光が射してくるような声だなあって。 そういう歌手っていませんか?
月の裏側 恩田陸 幻冬舎 ISBN4-87728-398-6

サッカー『文化』という言葉を口にするのなら、例えば敗者への礼をも重んずる日本人固有のメンタリティーに合った応援があってもおかしくない。
悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 木村元彦 集英社文庫 ISBN4-08-747336-8 C0195

気にすることはない。汚れるも汚れぬも、人の定めたことでな。おれには関係のないことだ。
陰陽師 夢枕獏 文春文庫 ISBN4-16-752801-0

本当ならイザナギはこう答えるべきじゃなかったかと思うんだ。もし一日千人殺すというなら、私は徹底してその千人を守る、と。
グリム童話より怖い日本おとぎ話 中見利男 ハルキ・ホラー文庫 ISBN4-89456-866-7

最近の歌は七・五調もなく六・四調もなく、ただダラダラと長いだけだ。だから全く覚えられず、すぐ忘れられてしまうのだ、 というのは老人のひがみだろうか。
ホンモノの日本語を話していますか? 金田一晴彦 角川oneテーマ21 ISBN4-04-4026-6

その行為が埋没して伝わらないのが、まことの任侠ではあるまいか。命もおしまないが、名が伝わらないこともおしまない。‥‥それが極致であろう。
中国任侠伝 陳瞬臣 不明 ISBN不明

見ててごらん、ああいうふうに自分より明らかに弱い立場にいる人間に居丈高にする人は、自分よりも上だと感じる人には凄く卑屈になるから。
上と外4 恩田陸 幻冬舎文庫 ISBN4-344-40064-X

名誉も偉大な選手の条件である。世界の優れたサッカープレーヤーは、常に名誉を持ったスポーツマンであった。
私にライバルはいない F.ベッケンバウアー 不明 ISBN不明

幸福はけっして一人ではやって来ない。必ず、双子のきょうだいともいうべき不幸と共にやって来るのだ。
一足さきに訪れた幸福が人を有頂天にさせている間、もう一人の陰鬱な顔をした訪問者は、扉のむこうで自分の出番がくるのをじっと辛抱強く待っている‥‥。
翼ある蛇 今邑彩 角川ホラー文庫 ISBN4-4-196202-1 C0193

優しい人間、誰にでも親切な人間なんて信じない。自分がそうしたいと思う者にだけ、無償の愛情を注げる者の方がよっぽど正しい。
球形の季節 恩田陸 新潮文庫 ISBN4-10-123412-4 C0193

男の心意気とか侠気とかいうものは、元来こんなものなのだ。得か損か、利口か阿呆かといえば、損で阿呆なことにきまっているが、 古往近来、男を立てるとはこういうところにあるのだ。いわゆる、人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜんである。
中国任侠伝 陳瞬臣 不明 ISBN不明

善意というのは、自己肯定のためのアリバイなのですね。善人であることによって、人はこのきわめて錯綜した世界において、 自分を完全に守ってくれる便利な言い訳なのです。「だって、私は善かれと思って」と云えばすべてが許されてしまう、許されると思っている。
悪の対話術 福田和也 講談社現代新書 ISBN4-06-149517-8 C00280

ワールドカップでの戦い方というものは、まなじりを決して、興奮状態のうちに、一か八かの勝負を挑むことではない。 本当の戦いというのはつねに冷静に、粘り強く、勝利の可能性を一パーセントでも高くするために努力することである。
サッカーの世紀 後藤健生 文春文庫 ISBN4-16-764501-7

ある時、遠くから大勢の仲間の声がしたのよ。やらなきゃいけない、諦めちゃいけないって。
狼神 和田はつ子 ハルキ・ホラー文庫 ISBN4-89456-802-0

どういう職業の人でも、「恥ずかしい」ということを知っている人は憎めない。 世間で一般的にいわれる地位や名誉を持っている人でも、恥を知らない人は醜い。
飢え 群 ようこ 角川文庫 ISBN4-04-171713-2 C 0195

臆病なのだが、その臆病な自分を許したくない自分がいるのだよ。その自分が、 いつもおれを怖い方へ怖い方へと追いやってしまうような気がするのだよ。
陰陽師 飛天ノ巻 夢枕獏 文春文庫 ISBN4-16-752804-5

ゲームに勝つには苦しいトレーニングに打ち込むよりも、金を積む算段を考える方が有効なのか? 答えはノンである。
誇り〜ドラガン・ストイコビッチの軌跡 木村元彦 集英社文庫 ISBN4-08-747245-0 C-0915

先に何が待っていようと、力の限り努力して生きて行きたい。たとえ挫折しても、後悔だけはしたくない。
人狼天使2 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20085-4

おまえは死ぬために戦ったわけでもなく、地獄をつくるために戦ったわけでもない。おまえはこの地上に美しい生命を留めるために戦おうとしていたのだから。
鬼石 佐々木禎子 ハルキ・ホラー文庫 ISBN4-89456-734-2

なにかに夢中になっていれば、どこかで挽回できる、と自分にいいきかせていた。
いじめ社会の子供たち 鎌田 慧 講談社文庫 ISBN4-14-080366-5

正直な答えをしよう−
おしまいとはいえない。そして、生命があるかぎりは希望がある。
トリフィド時代 J・ウィンダム 創元SF文庫 ISBN4-488-61001-3

お互いに意地を張って、弱みを見せない。弱音をはいたほうが負け、そんな関係を僕らは楽しんでいた。
横浜フリューゲルス消滅の軌跡 山口素弘 日本文芸社 ISBN4-537-02688-X

酒と女はツキモノといわれるが、酒乱と女はくっついていない。第一、そんなに金はない。女につかう金があれば、そのぶんだけ余計に飲もうと考える。
勤め人ここが心得違い 山口 瞳 小学館文庫 ISBN4-09-40371-1

男は殴りかえせない相手を殴るべきではない。無抵抗の人間をいたぶるほど、卑しく恥ずべきことはないのだ。
人狼天使T 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20084-6

海が見える瞬間というのは、不思議なものだ。
必ずその予兆がある。何かが開ける気配がする。
不安な童話 恩田陸 祥伝社文庫 ISBN4-396-32677-7

私は必ずしも人間の幸せや心の安らぎは金で得られるとは考えていない。しかし、時によっては金が‥‥誰かを助けるためには金がいる。
月光仮面 川内康範 不明 ISBN不明

忘れるなシーザー、お前もただの人間であることを。
華氏四五一度 R.ブラッドベリィ ハヤカワ文庫 ISBN不明

私たちはオオカミのうちに、勇気と我慢強さを自分に正直な生き方をたしかに感じる。 彼らがこの自然界と調和して生きているのに対し、人間は自然とまだ仲違いしている。
オオカミと人間 バリー・ホルスタン・ロペス 中村妙子 岩原明子訳 草思社 ISBN4-7942-0181-8

功成り、名を遂げたことに満足したら、その瞬間に進歩は止まってしまう。
戦いに勝つ 長沼 健 総合労働研究所 ISBN4794102437

おれもぶっ倒れそうに弱ってたとき、力を貸してくれた人たちがいる。そうしたいからだと彼らはいった。俺は迷惑のかけっ放しのままだ‥‥だから、 どぶの中で仔猫が溺れてたら救援しにいくことにしてるんだ。
人狼天使T 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20084-6

表に出てこない歴史の裏に、人知れず何かが埋もれているというのは、夢多き話ではありませんか。
陽の当たらない坂道 清水義範 新潮社 ISBN4-10-128215-3

流星群の中に入ったよ。俺はそのまんなかにいるんだ。まるで大きな万華鏡みたいだ。
万華鏡 Rブラッドベリィ サンリオSF文庫 ISBN不明

三階の片隅でワイシャツの袖をたくし上げた青年が立ちっぱなしで舞台を見つめている。−そういう人間が、実は一番よく音楽を聴いているのかも知れない。
陽のあたる坂道 石坂洋次郎 角川文庫 ISBN

男は殴りかえせない相手を殴るべきではない。無抵抗の人間をいたぶるほど、卑しく恥ずべきことはないのだ。
人狼天使T 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20084-6

人に踏みつけられたって‥‥大していい目にもあわなくたって‥‥人生はやっぱり楽しいものですよ。
陽のあたる坂道 石坂洋次郎 角川文庫 ISBN

スランプに陥るとつい他人に救いを求めたり、他人にウップンばらしで当たり散らしたくなるが、それは自分がスランプに負けた証拠である。
男は勝負〜ゼロからの出発〜 杉山隆一 講談社 ISBN4-06-200541-7

もっとつらいことはいくらもあった。これくらいでくたばるなら、とっくにやられちまってるさ。
魔境の狼男 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20023-4

トライもせずにミスをすることは許されない。私に言わせればそれは怠慢による、汚いミスだ。もしトライして間違ったのなら仕方がない。
セレソン ドゥンガ NHK出版 ISBN4-14-080366-5

銃はだれのものでもない。それを手にした者の武器となる‥‥
敷闇にいのち惑ひぬ 西村寿行 光文社文庫 ISBN4-334-70748-3

人間は決心さえすれば、地の果てにだって行けるのだ。どんなことだってできるのだ。
朱い旅 阿刀田高 幻冬舎文庫 ISBN4-87728-576-8

自由とは戦いとるもので、座してあたえられるものじゃない。そして、戦いとった自由にだけ、価値がある。
狼のレクイエムT 平井和正 祥伝社 ISBN不明

男の意地とは、虚勢をはることでも、いたずらに反抗することでもない。男は実際に、己の実力をもって勝つことを実証して見せてこそ、 男を意地を果たしたというべきである。
男は勝負〜ゼロからの出発〜 杉山隆一 講談社 ISBN4-06-200541-7

友達なんてものは、相手の過ちは心配しても、しかめっ面なんかするもんか。迷惑を迷惑と思うようなら、友達になんかなるもんか。
江戸ざくら金四郎 山手樹一郎 不明 ISBN不明

どんな崇高な言動も、言っているだけなら簡単なことである。行為なくして何になろう。人は言葉ではなく、その人柄や、 行いに付いていくものなのである。
一文字隼人〜仮面ライダー2号伝説〜 佐々木剛 白夜書房 ISBN4-89367-570-2

大自然が一体となった偉大な力の前には、たとえどんな強大な科学力であろうとも敵ではない。
宇宙戦艦ヤマト 石津 嵐 不明 ISBN不明

強者は飽くことなく、弱者の血肉を貪り、肥え太る。強者が強者である限り、報いを受けることは決してない。それに俺は我慢ならなくなったのだ。
魔境の狼男 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20023-4

ほんとうに綺麗なものを見ると胸が痛むのはどうしてだろう。せつなくなる。息がつまってかえって胸が苦しくなる。
鬼石 佐々木禎子 ハルキ・ホラー文庫 ISBN4-89456-734-2

どんな経験も、それを活かすことができればむだではない。
正雪記 山本周五郎 新潮社 ISBN4-10-113416-2

チャンスは一度しかない。だから私は常に準備している。
セレソン ドゥンガ NHK出版 ISBN4-14-080366-5

これが日本の色気でしょう。何か、もう一つ欲しいと思わせて、沈黙。
惜別 太宰 治 不明 ISBN不明

いまになって、ひとを責めたってはじまらない。ただひとつ、なすべきことは、最善を尽くすことだけだ。
渚にて ネビル・シュート 創元SF文庫 ISBN4488616011

人口一万の町に、俺みたいな男が一人でもいる限り、世界は生き続けることが出来る。俺がいなくなったら大混乱になるだろうな。
日と影(万華鏡) R.ブラッドベリィ サンリオSF文庫 ISBN不明

アカルサハホロビノ姿デアロウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。
右大臣実朝 太宰治 不明 ISBN不明

自然は、どこにあっても、それぞれの季節に、それぞれの美しさを見せている。
生きるための思索 串田孫一 社会思想社 ISBN4-390-10543-4

何が起こるかわからないのがおもしろいところじゃないか。わかっているのは想像もつかないことが起こるということだけだ。
人狼天使T 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20084-6

恐怖は勇気をもって対決することによってのみ減少する。逃避すればするほど、背後に迫る恐怖の影は巨大化する。
人狼天使V 平井和正 祥伝社 ISBN不明

スポーツマンは性格があっさりしている、こだわらないと言われる。それは違う。負けたら、その口惜しさをいつまでも心に生々しく刻んでおける人、 勝った時の素晴らしさをいつまでも覚えていられる人でなければ、強くはなれない。
ゴールの軌跡 釜本邦茂 ベースボール・マガジン社 ISBN4-583-03229-3

正義は勝つ。その前に、どんな困難が横たわろうとも、必ず最後には、正義は勝つ!
たたかいの人―田中正造 大石 真 偕成社 ISBN4-03-850090-X

何をやっても無益だと自ら信じ込んだときに、お前は敗北する。お前はまだ完全に敗れ去ったわけではないんだ。
人狼白書 平井和正 祥伝社 ISBN4-396-20054-4

人間がスポーツを裏切ることはあっても、正しい意味でのスポーツは、けっして人間を裏切るものではないことを固く信じたいと思う。
十一人の中の一人 長沼 健 日本生産性本部 ISBN不明

侠者とは、他人のために自分の身をかえりみない者である。
中国任侠伝 陳瞬臣 不明 ISBN不明

おそらく、あの人は死ぬまで、暗闇にむかって戦いつづけるだろう。
たたかいの人―田中正造 大石 真 偕成社 ISBN4-03-850090-X


このページの最初へ 出口へ